読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ、わが家へージャニヲタの部屋大公開SPー

ヒメアノ〜ルという映画を観て、自分の身にいつ何が起こるのかは決してわからないという恐さを感じた。もしも何かあったときに発見されるのがこんな汚い部屋でいいのか、いや、よくない。急に思い立ち、部屋の掃除をした。
しかしあいにく部屋に呼べる仲の友人は数える程度で、自宅でタコパを開催するハイカーストなグループにも属していない。おそらく数日も経たないうちに元の状態へと戻ってしまうだろう。そんな自分を戒めるため、自身の部屋をネットの海に晒すことを決意した。これが21歳ジャニヲタのお部屋だ!!

f:id:ktro03:20160531143741j:image
特別ピンクが好きというわけではないが、気持ち悪いくらいにラブリーピンクな部屋になってしまった。そういえば持ち物もピンクのものが多い。低い女子力をカバーしようと潜在的に求めてしまっているのだろうか。
さて、見せる収納という言葉があるが、そのセンスが無いと気付いた私は、徹底的に隠すスタイルを選んだ。大学では親しい仲の友人にしかジャニヲタであることを知られていない。4年目ともなると少しずつ周りにバレてきてしまっている気もするが、積極的には話していない。ヲタク臭のするものを隠しておけば、突然の訪問者にも対応が出来る。日本の刑事裁判の有罪率と同じ99.9%の確率で、まずそんなことはないが、0.1%の確率で、もしかしたらということがある。
前置きが長くなってしまったが、今まで集めてきた数多くのグッズの収納法を詳しく見ていこう。

はい、クローゼットどーん!
f:id:ktro03:20160531143721j:image
隠しきれなかったポスターが少し気になるが、物が多いことで有名なジャニヲタにしては、頑張ってまとめた方だと思う。

f:id:ktro03:20160531145813j:image
まずはおそらくジャニヲタなら誰もが知っているであろう、うちわの収納だ。A4ボックスにしまうこの方法。n番煎じもいいところだが、シンプルかつ最も場所を取らずに収納できる方法だと思っている。隣にはパンフレットをしまった。ここには一人暮らしを始めてからのものしかない。3年間これだけ集まってしまった。ポスターはゴミ箱に突き刺した。実家で暮らしていたときに、貼りすぎによりポスターを貼る壁がなくなってからは、コンサート会場で買わなくなったため、ここに入っているのは主にCD購入特典と雑誌の付録だ。クローゼットの中での花柄被りは許してくれよな!

f:id:ktro03:20160531144827j:image
どんなに微妙なデザインであっても、コンサートグッズで毎回買ってしまうのがトートバックだ。自分の中でコンサートに行くと必ず購入するラインナップがパンフレット、うちわ、ペンライト、バックの4点セット。この中ではVコンのバックが最も普段使いに適している。それ以外はほとんど外に持ち出さないため、1番サイズが大きかったjaponismの袋にまとめてしまった。ジャニストの金ピカバックが入りきらず、おめでたい感じになってしまっている。

f:id:ktro03:20160531144050j:image
数々の現場を共にしてきたメモ帳は、まとめてディズニーのお土産が入っていた箱の中にしまった。部屋の雰囲気には合わないデザインだが、サイズがジャストだったため、仕方ない。

f:id:ktro03:20160531144104j:image
ペンライトもまとめてケースの中にしまった。もう少しで溢れてしまうため、新たな収納場所を確保しなくてはならない。

f:id:ktro03:20160531144328j:image
コンサートや舞台の落下物は100均で購入した靴下ケースに入れた。小袋に入れ、いつ取ったものかわかるように日付と公演名を書いた。ガチャガチャのケースにしまってきた今までの分の銀テは、見なかったこととしてそのままにしてある。

f:id:ktro03:20160531144343j:image
すっかり忘れていたがCDとDVDはTVの下のケースに入れた。入りきらなかった分のDVDは本棚に分散。

f:id:ktro03:20160531144518j:image
ヲタ友からの誕生日プレゼントとして、クリアファイルホルダーなるものを頂いた。買った袋のままファイルを収納できる優れものだ。アニメイトで買ったらしい。これだけ入るのにも関わらず(40枚)、すぐにいっぱいになってしまったため、自分でも調達してきた。

f:id:ktro03:20160531144537j:image
昔はドル誌を年間定期購読していたが、それも今はやめた。どうしても欲しいと思ったものだけ買っている。TV誌は気軽に解体できるが、ドル誌に関してはそうもいかず、そのまま保存している。新たな人が気になり始めたときに見返すためだ。積み重ねるよりも立てた方が見栄えがいい気がして立ててみた。
ananなど、A4よりも大きいサイズの雑誌は、セリアで売っているマガジンファイルがおすすめだ。無印にあったA4ワイドのファイルでもいいかもしれない。

f:id:ktro03:20160531144604j:image
新聞は見開きA3サイズが入るファイルに入れた。若干サイズを間違えてしまったけど、大は小を兼ねるということで、まあよしとした。新聞って何サイズなんだろうね?

f:id:ktro03:20160531144614j:image
熱心に集めた写真を収めるため、無印の162枚×3で1000円のアルバムを新調した。便利なことにステフォもは入る。最近はジャニショに行っても800円までしか買わないという運動をやっているため、当分はこれで足りそう。しかしジャニショに行く回数自体が増えてるため、実際昔よりも抑えられているのかはわからない。

f:id:ktro03:20160531150104j:image
上記に当てはまらないその他グッズはカラーボックスの中にある。

さあ、部屋を綺麗にしたことで、少しはいい気を呼びよせるだろうか。サマステ全滅・Another全滅の傷を他の現場で癒したいところだ。ちなみに部屋の片付けをして早速あったいいことは、封筒に入った7000円を見つけたことだ。見つけた瞬間思わず変な声が出た。片付けはいいぞ。部屋を片付けたくてもなかなか手がつかない人はヒメアノ〜ルを観るところから始めてみればいいんじゃない?Let's get on!Let's get on! Yea!

 

以上、現場からお送りしました。







※最後勢いで書いてしまいましたが、ヒメアノ〜ルはこんなに軽いノリでオススメできる映画ではないです。覚悟して観てください。
忘れないうちに映画の感想も書きたいな。